Category: 未分類

高木敏彦:インクボトルはどのくらいの頻度で補充する必要がありますか?

高木敏彦:インクボトルはどのくらいの頻度で補充する必要がありますか?

高木敏彦:インクボトルはどのくらいの頻度で補充する必要がありますか?

インクとペンは、アーティストの武器庫で最も不可欠なツールのいくつかです。このため、突然のインク不足によってパフォーマンスが中断されないように、頻繁にチェックして補充する必要があります。とは言うものの?どのくらいの頻度でインクボトルを補充する必要がありますか? 

この質問に答えるには、絶対的な答えはないと言わなければなりません。それはすべていくつかの状況に依存し、それはアーティストとしてのあなたを含みます。インクは何回使いますか?あなたのインクの品質は何ですか?コンテナはどれくらい小さいですか?より明確な理解を与えるために、補充をスケジュールする前に考慮する必要があるいくつかの事項をまとめました。 

インクを補充する際の考慮補充は

事項インクのボトルやカートリッジの、アーティストが無視してはなりません。そうすることはあなたの仕事の質とあなたの材料の状態を危険にさらすかもしれません。乾いたインクが材料を台無しにしないように、できるだけ頻繁にインクをチェックしてください。リフィルを正しくスケジュールできるように、注意が必要な点がいくつかあります。 

  • インク使用量

これは正確に判断できません。もちろん、頻繁に使用する場合は、インクを頻繁に補充する必要があります。ただし、インクを頻繁に使用しない場合は、インクを宗教的に変更する必要はありません。 

ただし、乾燥したインクには注意する必要があります。インクを使用しないと、特にインクの品質が低い場合に乾燥につながることがよくあります。あまり使用しない場合でも、時々インクボトルをチェックしてください。 

  • インクの品質

一部のインクは、蓋をどれだけしっかりと閉じても、他のインクよりも速く乾きます。これはいくつかの要因に起因する可能性があります。水性インクは、より速く乾くように設計されています。インクを長時間湿らせておきたい場合は、油性インクの使用を検討する必要がありますが、これらのインクは、作業で使用すると乾燥が遅くなります。 

  • 天気天気

はい、でもインクに影響を与える可能性があります。インクは通常、乾燥した天候に比べて湿度の高い日にはゆっくりと乾きます。インクを長持ちさせたい場合は、室温で保管することを検討してください。 

  • ボトルのサイズ

信じられないかもしれませんが、大きなインクボトルを使用すると、インクの乾燥が速くなります。これは、使用中はキャップがほとんど開いたままになっているためです。ふたを開くと、インクはより速く蒸発し、空気分子を引き付けてインクを効果的に乾燥させます。 

作業中に小さなインクボトルを使用すると、アートを作成するときに必要な量のインクのみを使用できます。 

  • インクを購入してからの日付

No matter how high quality and well-maintained ink, it’s always time to dry. Before you buy, you need to know the maximum shelf life of your ink. Of course, old ink loses its fluidity if not used for a long period of time. It doesn’t matter if it’s sealed properly.  

コニック瓶発売延期のお知らせ

コニック瓶発売延期のお知らせ

コニック瓶発売延期のお知らせ

コニック瓶発売日延期のお知らせ。
10月11日から10月18日に変更となります。箱の箔押しが間に合いそうになく延期となってしまいました。
申し訳ありません。

高木春美子商店。コニックボトル発売延期

日本を代表する職人であり、高品質なオリジナル製品のデザイナーでもある高木俊彦氏は、2016年9月10日、革新的なコニックインクボトルの制作において、桐山硝子株式会社とのパートナーシップを発表した。

本製品が初めて明らかになったのは2016年6月29日、高木俊彦氏が自身のソーシャルメディアに最新デザインのインクボトルの写真をシェアしたことがきっかけでした。その美しいデザインと機能性から、多くの書道愛好家の注目を集めた。投稿されるや否や、販売する気があるのかという疑問が湧いた。

その反響に高木は「ラフなデザインなので、まさかこんな優しい言葉をかけてもらえるとは思っていませんでした」と驚きのコメント。高木は「自分の仕事は字を書くことが少ないので、特にインスピレーションがないので、インクボトルの経験や用途はあまりない」とファンを喜ばせた。しかし、インクの高価さを知っている彼は、市販のインクボトルの逆効果なデザインで無駄にしてしまったことを悔やんでいる。そこで、円錐形のインクボトルのデザインを下書きすることにした。売れるかどうかは分からないが、ファンが欲しがってくれれば考えるかもしれない」とも話していた。

同年9月5日、高木俊彦が「コニック」として商品化することを発表。現在プロダクトエンジニアとして働いている桐山硝子株式会社の上司に生産の話をしたことを明かした。桐山は、同社のターゲット製品でなくても、コニックインクのボトルを量産することを快諾してくれた。

しかし、桐山は大量注文を重視しているため、個人の顧客とは取引をしない。そこで同社は、高木俊彦に販売の責任を委ね、製品の生産のみに取り組むことにした。高木俊彦は会社の条件に同意した。高木俊彦商店のホームページには、高木俊彦商店の情報やお知らせ、注文フォームなどが自由に掲載されていた。

このデザインを採用することで、インクの角にインクがたまることがなくなるため、インクを使うのが楽になるし、経済的にもいい」と、愛用者たちは発売を待ち望んでいたという。

高木俊彦氏はその後、コニックインクのボトルを10月11日に発売することを発表した。しかし、10月4日に「発売日を10月18日に延期する」という新たな発表が掲載された。敏彦氏は、製品の箱に箔押しをするのが遅れており、間に合わない可能性が高いとしている。遅れたことに遺憾の意を表明しつつも、「すでに完成に向けて動き出している」と断言した。

今回の問題を踏まえ、同社では発売まで気合を入れてほしいとしている。高木俊彦氏と株式会社キリヤマでは、皆様のご理解とご協力に感謝しております。