(有)桐山製作所について


oldkiriyama

桐山製作所

桐山製作所の創業は現、取締役開発部長 桐山弥太郎が、陸軍登戸研究所(現:明治大学生田キャンパス)に入所しました昭和17年に遡ります。

 

桐山は研究所の第4科に配属され、所内ではこの間に多くの職務を経験しました。中でも化学研究がさかんに行われており、ガラス器具、装置が多く使われておりました。この為、所内では理化学ガラス製作者が数名おり、この技術を習得するために桐山は民間の理化学ガラス製造会社、富士商会(現:藤原製作所)に出向し名工、藤原四郎氏に師事。ガラス製作の技術を学びました。

 

終戦を迎え、桐山は職を失いましたが一度習得したこの技術を活かす場として東京大学薬学部にガラス職人として入りました。焦土と化した東京でしたが東大は比較的早くガスが出るようになり、ガラス装置の製作や修理など学内の仕事を行っておりました。

 

研究室の傍らで桐山はガラス細工の作る技術だけではなく、装置が実際に使われる場に身を置く事で製作した製品の可否を実感できました.

 

昭和20年代、東大病院の薬局は薬学部に籍があり当時、点滴用のブドウ糖液と蒸留水とを一定の割合で混合する、分注器を使っていましたがこれが一定の量で止まらずに不自由していました。

 

桐山はこれを定量で止めるバルブを製作して使い易い分注器として重宝されました。

その後、独立起業しこの時の経験が現在の桐山製作所の基礎となっております。

詳しくはコチラ